伊藤整形外科

設立理念

地域の皆様に良い医療を優しく、親切に行うことにより、皆様に信頼される診療所であり続け、地域社会に貢献したいと考えています。


クリニックの概要

当院は昭和62年に同じ町内に開院し、平成9年に現在のクリニックビルに移転してからも、地域の皆様に密着した医療を提供してきました。
患者さんの多くが変形性膝関節症をはじめとする変性疾患ですが、青少年のスポーツ障害や子供の外傷が多いのも当院の特徴です。近隣に大きな病院が多いのも特徴のひとつで、病診連携を密にすることで患者さんのスムーズな紹介・逆紹介を可能にしています。
腱鞘炎(ばね指)の手術や小腫瘤の摘出など外来で可能な手術についても相談に応じて行っています。


診療方針

整形外科を受診される患者さんの多くは痛みやシビレなどの訴えを持ち、不安な気持ちで受診されます。
当院ではまず患者さんの訴えをよく聞き、丁寧に診察した後にわかりやすい説明を行うことで、納得・安心して治療を受けていただけるように心がけています。
病気や怪我の程度・経過によっては精査・セカンドオピニオン目的に近隣の病院への受診をお勧めすることにより、漫然とした治療を延々と続けることのないようにしています。
医師・看護師・理学療法士・リハビリ助手・受付事務などあわせて20名以上のスタッフの間でも常に意思疎通を行い、患者さんが治療を受けるに当たって不安のないようにしています